北海道開発技術センター ENGLISH
dec概要
事業・自主研究
シンポジウム関連
出版刊行物
decマンスリー
採用情報
リンク
お問い合わせ先
Get Flash Playerこのサイトをご覧いただくためにはFlashPlayerが必要です。こちらから最新版のFlashPlayerをダウンロードしてください。

▽ 関係リンク ▽
ふゆとぴあ2017 寒地技術シンポジウム 野生生物と交通
転ばないコツ教えますホームページ
北海道EV・PHV普及促進検討研究会
シーニックバイウェイ北海道推進協議会
What't New Last update.2018.8.6
2018年8月6日 「観光とモビリティに関する国際セミナー」のご案内(PDF)
2018年8月6日 decマンスリーの最新号を掲載。
2018年8月6日 情報開示を更新しました。
2018年7月20日 インターンシップの募集情報を掲載しました。
2018年7月20日 decマンスリーの最新号を掲載。
2018年6月1日 decマンスリーの最新号を掲載。
2018年4月11日 decマンスリーの最新号を掲載。
2018年3月1日 新卒採用情報を掲載しました。
2018年2月5日 decマンスリーの最新号を掲載。
2018年1月10日 新年のご挨拶
2018年1月10日 decマンスリーの最新号を掲載。
2018年1月5日 採用情報を掲載しました。
2018年1月5日 「dec地域政策研究所主催のセミナー」のご案内 (PDF)
>> [What's New] Back Number
今月のひとこと >> これまでのひとこと
宗谷丘陵と風車群

北海道の夏は短い。本当に。だから、ほんの少しだけ続く暑い日々は、喜んで受け入れたい気持ちになります。どうにか、もう少しこの暑さが続きますように、と願ってしまいます。お盆が終わると同時にクラゲがでて海にも入れないですし。

風景には様々な要素がありますが、「色」の変化に富んでいるのが北海道の良さだ、といつも思います。桜ピンクから新緑、春から引き継いだ黄色い花たち(たんぽぽ、菜の花、ひまわりへ)でいっぱいになり、瑞々しく明るい空の時間が長い夏、赤・オレンジ・黄・深緑の秋を越え、どこまでも真っ白の冬。同じ場所であっても違った場所に思えるほどです。いつ来てもいい地、北海道。今年、「北海道」と命名されて150年を迎えます。いつかの想い出に会いに、お気に入りの風景を探しに、北海道へ、是非お越しください。
〔photo:宗谷丘陵と風車群〕(担当:mami)


一般社団法人 北海道開発技術センター
〒001-0011 札幌市北区北11条西2丁目2番17号 セントラル札幌北ビル3F・4F
【総務部】TEL:(011)738-3361/FAX:(011)738-1886
【企画部】TEL(011)738-3362 / FAX(011)738-1887
【調査研究部】TEL(011)738-3363 / FAX(011)738-1889
【地域政策研究所】TEL(011)738-3364 / FAX(011)738-1890

E-mail :

本サイト上に掲載されている情報内容は、当センターに帰属しています。
本サイトに掲載の文章・画像・写真などを無断で複製することは法律で禁じられています。
copyright(C)2004 Hokkaido Development Engineering Center All right reserved.